●募集期間

 平成30年11月1日(木)~12月20日(木)【17時必着】

 ※認定審査会は、平成31年1月中を予定しています。

●募集要項

 平成30年度 出雲ブランド商品募集要項.pdf

●申請書等様式

 http://www.izumo-brand.jp/bosyu/index.html

出雲発の次世代照明『LED照明器具』

 今回は、『LED照明器具』(平成26年度認定)をご紹介します。製造者であるDoライト株式会社の影山社長にお話しをうかがいました。

 

■交流駆動×LED = オリジナル照明

―DoライトのLED照明器具の特徴は何ですか?

 「交流駆動方式と独自の放熱技術です。 LEDはほとんどが直流駆動方式ですが、

 通常の電源は交流であるため、交流から直流に変換する変換器が必要となります。

  交流駆動方式を採用することで、変換器が不要になるので、コンパクトで

 故障もしにくくなり、省電力化が実現できます。

  またLEDは発熱により劣化していきますが、独自の放熱技術を採用することで、

 長寿命化と性能維持を実現しています。」

s-③.jpg

放熱効果の高いLED照明

 

■水銀灯からLED照明へ

―開発のきっかけを教えてください。

「一般照明用の高圧水銀ランプの製造・輸出入が2021年以降禁止となる水俣条約を知り、

水銀との代替が可能で省電力となるLED照明に商機を感じました。

もともとは建材や車の販売をしており、LEDに関してはまったく未知の領域でした。

 韓国人技術者河氏と出会いにより、彼が開発したアルミニウムの放熱板にカーボンを

塗布した部品を交流型LEDチップに付けた小型の懐中電灯ほどのLEDモジュール

(上記写真)が、変換器のいらない交流のままで点灯し、放熱技術の高いLED照明の

製品化になりました。」

 

■Doライトの遺伝子

-どのような会社ですか?

・オンリーワン製品開発

 「私たちは大手企業が既に作っているものは作りません。大量生産体制をとっていませんので、

 同様の製品を作って価格競争をすると対抗できません。

  交流LED照明技術を軸に、未経験ゆえの新しい発想力をもって開発を進めることで、

 大手が参入しない部分に挑戦しつづけて、オンリーワンの製品を生み出しています。」

 

・ご縁を大事に

 「新しい製品は、技術開発・製品化・性能試験など多くの過程を経て形になっていきます。

 関連のないような業種の方も、話をしてみるとお互いに連携できることが見つかります。

 素人でも組んでいけばできる。ヒントが出てくると思うんです。

  多くの方々との繋がりの中で、今では産学官連携によって製品開発を進めているものもあります。

 看護師の方々の要望を形にしたハンズフリーライト『ルミナース』も島根大学医学部、㈱島根富士通との

 連携によって生み出されました。

  製品は人との繋がりでより良いものとなっていくことを実感しており、昔からいわれている

 出雲地方の『ご縁』を大事にしたものづくりをこれからも続けていきます。」

s-s-z①.jpg

取材にご協力いただいた影山社長と、出雲ドームからネーミングした吊下げタイプの「DOME Light」

 

■街路灯革命「DoRe」(ドーレ)

-おすすめの製品は何ですか?

 「工場の照明など事業者向けの製品が弊社の主力となりますが、

 生活に身近な製品としておすすめなのが街路灯です。

  特許登録済である反射板配光方式という技術を用いることで、直接目に入る光が少なくなって

 眩しさが減り、必要な部分にLEDの光を照らすことができるため、道路はより明るくなります。

  もちろん低消費電力や長寿命も合わせ持つので、省エネ率83%、LED交換は15年不要といった

 メリットがもりだくさんの革命的な製品です。」

s-Do.jpg  s-⑤.jpg

街路灯「DoRe」設置の様子             「DoRe」製品見本

  

s-②.jpg
LED照明による、出雲大社・旧大社駅のブルーライトアップ    

.

Doライト株式会社の詳しい情報はこちら

http://izumo-brand.jp/goods/h26/index.html

出雲から羽ばたく『アルファ化米』

今回は、『アルファ化米』(平成28年度認定)についてご紹介します。

 

■アルファ化米は魅力がいっぱい

―アルファ化米とは何ですか?
 人の体内酵素では消化されない生米(βデンプン)は、炊飯するとご飯(αデアルファ取材-1.jpgンプン)になります。これを急速乾燥させ、αデンプンの状態を保持させたものがアルファ化米です。よく無洗米との違いを聞かれますが、アルファ化米は、洗米が不要なだけではなく、つけ置きも不要です。また早く簡単に炊くことができ、長期保存も可能、炊き込みご飯などの味ごはんに味がのりやすいといった多くの魅力を持つお米です。

お話しを伺った日野所長(左)と開発担当の本田課長(右)

 

■お米を通じて、時代と共に成長

―会社の歴史を教えてください。
 昭和40年代に、国策として学校給食の主食がパンからご飯に移り、今までパンを作っアルファ取材-2.jpgていた設備を使って給食用のご飯を炊いていました。そこで当時のパン窯で加熱すれば食べられるお米の開発が求められました。これがアルファ化米商品開発に取り組んだきっかけです。学校給食への導入やベトナム戦争への食糧補給により会社は徐々に拡大していき、阪神淡路大震災をきっかけに災害備蓄品の開発にも力を入れるようになりました。現在は家庭で食べていただける商品に力をいれており、ラインナップを揃え、店舗だけでなく通販でも販売しています。またカスタマーサポートにおいては、専門的な問合せにもお答えできるようコールセンターも自社に設置し、日々改善を目指しています。

 

■アルファー食品の内なる3つの想い

―どのような会社ですか?
① 技術は財産
 弊社は4課からなる研究開発部を組織し、大学での研究も20年以上続け、「ご飯がおいしくなる温度」や「食感の改良」につなげてきました。お米は産地や季節によって状態が変わりますが、得られた研究成果を活用し、お米の配合比率や精米・炊飯条件等を調整し、均一な品質を保つ努力をしています。こうして蓄積された研究やノウハウといった技術は、良い商品を作る根幹となるので、会社の財産として今後も投資していきたいと考えています。


② 社会に対する貢献
 災害のあった被災地での食事は、パンや乾パンが多く、お米を食べたいという声があることを知りました。是非お米を届けて元気づけたいという想いから、水やお湯だけで食べられる非常食の開発に着手しました。東日本大震災では通常販売を停止し、工場をフル稼働させて被災地に優先的にお米を届けられるよう社員一同がんばりました。


③ お米で世界制覇
 食卓を囲むみんなが幸せになるような「愛情ごはん」をテーマとし、給食用・業務用・災害用・家庭用と幅広い用途の商品を展開し、アルファ化米業界においてはトップシェアを獲得しています。私たちの夢は、カップメンに負けないカップライスを開発し、食卓で手軽においしいご飯を食べていただくことです。

 

■おいしさとお手軽さを兼ね備えた「出雲の国から」シリーズ

―おすすめ商品は何ですか?
 炊飯器で手軽にお赤飯、おこわを楽しめる「出雲の国から」シリーズです。弊社のノウハウを集結し、もっちりした食感やおいしさを実現しています。また食欲をそそるあずき色に染まった赤飯も、こだわりのひとつです。お祝いや贈答だけではなく、日々の生活の中でも是非召し上がっていただきたいと思います。

 アルファ取材-5.jpgアルファ取材-4.jpg

.

アルファー食品の詳しい情報はこちら

http://www.izumo-brand.jp/goods/h28/alpha.html

出雲ブランド商品をみなさまに知っていただくために、今年度も工場見学を企画しました。
普段は見ることのできない製造工程を、分かりやすい説明をいただきながら見学できる
絶好の機会です。


1.開催日時/平成28年11月18日(金)13:30~17:00

2.見学企業/

  (1)アルファー食品株式会社(出雲市大社町): アルファ化米の製造工場見学

  (2)株式会社大社木工(出雲市大社町): 福こづちの製作工場見学

                     サムネイル・商品紹介TOP画(写真A・B).jpg  ab.jpg

                アルファ化米                    福こづち

3.集合場所/出雲市役所本庁 南口前(受付13:00~13:30) 
         ※見学先へはバスで移動します。

4.定員/先着20名 ※定員となりましたので募集を終了しました。

5.おたずね/出雲市商工労働課【0853-21-6572】

平成28年度出雲ブランド商品として、新たに5つの商品を認定しました。

また、平成25年度認定商品の認定期間が終了し、5商品の認定を更新しました。

 
 

■新規認定

 出雲産緑茶(株式会社原寿園)

 出雲結(株式会社アツタ)

 アルファ化米(アルファー食品株式会社)

 出雲の縁起 福こづち(株式会社大社木工)

 メディソル高濃度水素水(メディソル株式会社)


 

■認定更新

 ハイネスアルバム(島根ナカバヤシ株式会社)

 出西窯の陶器(株式会社出西窯)

 A4証書ファイル(株式会社ソノ)

 出雲神話紙芝居(株式会社かみありづき)  

 寝装カバー(KBツヅキ株式会社)   

 IMG_2967K.jpg

平成28年10月14日 出雲ブランド商品認定式

●募集期間

 平成28年6月1日(水)~7月29日(金)【17時必着】

 ※認定審査は平成28年8月下旬を予定しています。

●募集要項

 平成28年度 出雲ブランド商品募集要項.pdf

●申請等様式

 http://www.izumo-brand.jp/bosyu/index.html

 ご応募、お待ちしております。

  出雲ブランド商品を皆様に知っていただくために、今年度も工場見学会を企画しました。
普段は見ることのできない商品の製造工程を、分かりやすい説明をいただきながら見学できる
絶好の機会です。ぜひご参加ください!


1.開催日時/平成28年3月17日(木)13:30~17:00

2.見学企業/

  (1)株式会社キノシタ出雲工場(出雲市長浜町):椅子の製造行程を見学

  (2)KBツヅキ株式会社出雲工場(出雲市神西沖町):タオルの紡績行程を見学

         二脚正方形.jpg            H27変更分.png

                     kinoshita chair                               タオル製品

3.集合場所/出雲市役所本庁西側玄関前(受付13:00~13:30) 
         ※受付後、バスにて移動します。

4.定員/20名 (定員となりましたので、申込を締め切りました。ありがとうございました。)

       

平成27年度出雲ブランド商品として、新たに2つの商品を認定しました。

また、平成24年度認定商品の認定期間が終了し、6商品の認定を更新しました。

 

■新規認定

 出雲産むぎ茶ティーパック(株式会社茶三代一)

 kinoshita chair(株式会社キノシタ)

 

■認定更新

 調湿木炭 炭八(出雲カーボン株式会社)

 タオル製品(KBツヅキ株式会社)

 ノート・タブレット型パソコン(株式会社島根富士通)

 セキスイ畳 美草(積水成型工業株式会社)

 出雲万年筆(プラチナ万年筆株式会社)

 ポロシャツ(モリリン株式会社)

 

IMG_0099.JPG

平成27年12月25日 出雲ブランド商品認定式

●募集期間

平成27年10月1日(木)~10月30日(金)【17時必着】

※認定審査は平成27年11月中旬を予定しています。

●募集要項

平成27年度 出雲ブランド商品募集要項.doc

ご応募、お待ちしております。

平成26年度出雲ブランド商品として、3つの商品を新たに認定しました。

■新規認定

 LED照明器具(Doライト株式会社)

 糸綴じノート(島根ナカバヤシ株式会社)

 炭入り健康ベッド「森の寝床」(出雲木工株式会社)

IMG_1800.jpg

平成26年10月16日 出雲ブランド商品認定式